個人情報は自分で守るもの

個人情報は自分で守るものという意識があなたの中にはちゃんとありますか?
パソコンのセキュリティだったり、企業があなたの個人情報を守ってくれるものと安心していてはいけません。
確かに定期的にパソコンのセキュリティソフトを更新する必要はありますし、企業だって顧客の個人情報を流出なんて
してしまったら社会的信用が失われてしまいますから個人情報の取り扱いは十分に注意をしているはずなのです。

しかしそれだけでは十分ではありません。なぜかというと守る側よりも攻撃する側の方がいつだって先手を走っている
からです。セキュリティソフトを使っていてもそのソフトを凄腕のハッカーならすぐに破ってしまいます。
企業の個人情報の管理だって、注意していてもちょっとしたミスが原因で流出してしまう事もあります。
ですが一番多いのはあなた自身が自ら個人情報を漏らしてしまうという事です。

そんな悪用されると分かっている相手にホイホイと個人情報を漏らすわけがないと思われるかもしれません。
ですがあなたがもし出会い系サイトを利用していたとしましょう。
そのサイトは有料サイトで支払はクレジット払いとなっています。
サイトに登録する際にクレジットの番号を入力し、そして紙面の請求書を毎月自宅に送るので住所と名前と電話番号を
特に不信に思う事なく入力するでしょう。

そのサイトは悪質サイトでお金を騙し取る事と個人情報を集めて売買する事を目的にしているかもしれません。
またこんな可能性もあります。出会い系サイトで知り合った女性と親しくなり「直アドでやり取りしたいから直アドを教えて」とか
「写メの交換をしようよ」と。
相手がサクラであれば直アドを集めるため、そして画像だって何かの際に悪用される可能性は大いにあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ