寒い時期になると膝の痛みが出てくる

| トラックバック(0)
夏場など暖かい季節の時や温かい場所にいる時には、さほど感じない膝の痛み。ところが天候が悪かったり、冷房がガンガン入っている室内だったり、だんだん冬が近づくにつれて、膝の痛みを感じることってありますよね。特に寒い場所に居ると、その膝の痛みが増してきて辛い状態になったりしませんか。

これは自律神経の働きによって起こるものなのです。普段は膝の痛みを感じないのにもかかわらず、寒い時や天候が悪くなり気圧が低くなると、膝が痛む人がいるわけですが、人の体は寒さを感じると、体を緊張させてしまう交感神経が興奮状態になり、痛みを発生させるというメカニズムがが働いているとされています。

この痛みの対処法として、自身で対策出来る方法としては体を温める事です。簡単なものですと、タイツや遠赤外線の膝サポーターを身に着けたり、入浴したりして体を温める事で痛みが緩和され楽になるでしょう。
ただし、膝に故障を抱えている方には適切な対処をする必要がありますので、医師の診断に基づいた方法で対処された方が良いでしょう。

こちら(⇒http://www.circostarica.com/)のサイトでさらに詳しくみる

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月26日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「皇潤の店頭販売と効かないのかどうかについて」です。

次のブログ記事は「中学受験にはドリルで十分?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30