2014年3月アーカイブ

Vゾーンの脱毛を終えてみて良かったことを挙げていきます。
以前は、ヒップハングのショーツをはくと上部の毛がはみ出てしまったり、Vラインのサイドの毛がお気に入りのショーツの中に入りきらない、なんてことがよくあったのですが、脱毛を終えてからは常に毛が綺麗におさまっているので、安心できるようになりました。
またVゾーンを念のため深めに脱毛をしたことで、Tバックやタンガもきれいに履きこなすことが出来るようになり、ファッションをより楽しめるようになります。
Vゾーンはデリケートな場所なので、始めの頃は施術の時にをスタッフ見られるのが、結構恥ずかしかったりしたのですが、スタッフの気遣いによってすぐに慣れることもできました。
また自己処理によってできてしまっていた黒ずみも、脱毛が終わった頃にはほとんど消えており、お肌の痛みが自然と和らぎました。
いかに自己処理が肌に悪いかを思い知る、良い機会となりましたよ。


いつの間にかできてしまった、目元の細かいシワ。
薄いシミやくすみのように、シワはメイクでごまかすことが
できないし・・
鏡の前でそんな風にため息をついていることありませんか?
薄い細かなシワでも、ポイントを抑えていれば、メイクで
目立たなくすることはできますよ。
まずは化粧下地。淡いピンク系の色を使うとシワは目立ちにくく
なりますよ。
シワが気になる部分のファンデーションはなるべく薄くが基本。
ついごまかしたくて厚く塗り重ねがちですが、シワにヨレて
かえって目立たせてしまいます。
下地やその上にハイライトも活用するので、薄めにを意識。
そしてハイライト。
パールが入っているといいですね。シワの溝により影になる部分を
パールの光で跳ね返しましょう。
そしてカラーはパールだからと白色を選びがちですが、
日本人は本来黄色人です。黄味がかったカラーの方がハイライトも
ナチュラルに仕上がりますよ。
シワ専用の下地なども出回っています。
シワにため息をつく前に、色々試してみてシワを隠すメイク法を
楽しんで下さいね。


タレントさんやモデルさんで涙袋を強調するメイクを
よく目にしますね。その影響か、若い女の子の間では
涙袋メイクが大流行。
涙袋=目の下のふくらみをふっくらさせることで愛らしく、
若々しくそしてセクシーに見える効果があります。
また、クマやたるみを目立たなくする視覚効果があるので
実年齢より若く見える30代、40代の女性にもおすすめです。
プチ整形としてヒアルロンサン注射を行うことで涙袋を
強調させることはできますが、痛みもあるしお金もかかります。
少しハードルが高いという方には涙袋メイクを試してみて下さい。
目元は皮膚が薄くデリケートなので、できれば涙袋専用の
ハイライトチップをお使いください。

チップがやわらかく、目元にもつきが良いです。
涙袋メイクはとても簡単。
涙袋の部分に、全体的にパウダーをすっと馴染ませます。
そして中央の一番ぷっくりするあたりに重ねづけ。
目頭と目尻を少しぼかすことで立体感を出すことができます。
ギャルメイクはちょっと・・とナチュラルに仕上げたい方は
淡いゴールド・ベージュ・ピンク系のパールアイシャドウを
代用しても良いですね。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30